KNIMEの活用事例

ライフサイエンス、金融サービス、出版社、小売業者、インターネット小売業者、
製造、コンサルティング会社、政府、研究など幅広い業界での事例をご紹介します。

自動ベンチマークによる競争力のある価格設定

2019.9.23

自動化された価格情報を活用して、競合他社をリードしましょう。

イノベーションノートをダウンロード >

 

 

どの企業にとっても、適切な価格決定が重要です。価格決定における重要なインプットは、市場調査データを用いて競合他社に対するベンチマークを行うことです。
ただし、このデータを活用するには、価格アナリストが主要な競合製品を特定し、対してアクションを起こすには、価格アナリストが主要な競合他社を特定し、関連する価格指数とパフォーマンスを確認できる必要があります。
多くの企業では、価格設定が必要な幅広い製品があります。
したがって、自動化された価格に関する洞察と提案を提供することは、状況を変える可能性があります。

 

「KNIME」活用例

データサイエンティストのチームがKNIMEワークフローを作成し、分析した後、自動的に候補者のベンチマークとランク付けを行います。
ワークフローはガイド付き分析アプリケーションとしてKNIME Serverに展開され、2つの方法で価格アナリストを支援します。
まず、価格設定に基づいて主要な競合企業を自動的に特定します。
次に、選択されたベースライン製品をこれらの競合企業と比較してベンチマークすることで、貿易チャネルと市場との関係についての理解を確立します。

 

「KNIME」を選ぶメリット

KNIME Serverに展開されたKNIMEワークフローは、KNIME WebPortalから分析アプリケーションとして利用できます。
競合他社の製品と価格を提供する自動化された仕組みにより、意思決定のスピードと正確さが向上します。
さらに、トレンドと方向性を示すことで、意思決定者は目標を調整し、価格設定に関するより適切な意思決定を行うことができます。

 

KNIME は無料でダウンロードが可能です。
ぜひお試しください。

このサイトでは、クッキー (cookie)などの技術を使用して取得したアクセス情報等のユーザ情報を取得しております。
この表示を閉じる場合、プライバシーポリシーに同意いただきますよう、お願いいたします。