活用事例

様々な業界で活用されている事例を紹介いたします。

【データリテラシーの向上と意思決定の改善】データから新たな洞察を得て、あらゆる場所でより良い意思決定を行う

  • 2020.6.22
  •                        

    PDFをダウンロードする

    Continentalは、人とモノの持続可能でコネクテッドなモビリティを実現するための先駆的な技術とサービスを開発しています。1871年に設立されたテクノロジー企業で、自動車、機械、交通、輸送のための安全で効率的、インテリジェント、かつ手頃な価格のソリューションを提供しています。2018年、Continentalの売上高は444億ユーロに達しました。Continentalは、オープンソースのKNIME Analytics Platformを世界中で約2,000人のユーザーが利用しており、パワーユーザー間のコラボレーションにもKNIME Serverを利用しています。

     

    世界中のビジネスユーザーを支援

    Continentalは、(ITやプログラミングのバックグラウンドを持たない)ビジネス部門のユーザーがデータをより効率的かつ効果的に扱えるようにすることで、組織全体のデータリテラシーを向上させ、最終的にはそのデータを使って新たな洞察を発見できるようにすることを目指しています。

    Microsoft Excelは、かつてはContinental社でデータを扱うビジネスユーザーのためのツールとして使用されていました。今日では、標準的なワークフロー、大規模なデータ量、またはデータの発見のために、KNIME Analytics Platformによって完璧に強化されています。例えば、特定の予測プロセスなどの反復的なタスクは、現在ではKNIME Analytics Platformで自動化されています。最近まで、これは複雑なスプレッドシートかVisual Basic for Applicationsマクロ(VBA、Excelに組み込まれたプログラミング言語)を使って行われていました。しかし、Continental社では、中規模のデータ量に対して保守性とパフォーマンスの問題が発生し始めました。

    Continental社には何千人ものExcelユーザーがおり、管理、税務、人事、研究開発、生産計画など、多様なビジネス機能に従事しています。このようなユーザーに、ありふれたデータ処理やレポート作成のタスクを自動化できるツールを提供する必要性から、全社的な取り組みとしてKNIME Analytics Platformを導入することになりました。

     

    グローバルへも容易に展開

    ContinentalでのKNIMEの導入は、96億ユーロの売上を誇るシャシー&セーフティ(C&S)のパイロットプロジェクトとして始まり、Continentalのビッグデータ&デジタルトランスフォーメーションC&Sの責任者であるDr. 最初のユースケースはブレーキシステムの研究開発部門で、課題追跡システムからエクスポートされたデータに基づいてカンバンボードを作成するためにKNIMEが使用されました。

    小さく始めてすぐに拡大していくという機敏なセットアップは、好意的な反応を得ました。ビジネスユーザーがどれだけKNIMEを愛し、どれだけのデータ処理能力を得たかはすぐに明らかになりました。積極的な口コミと、KNIMEの使用方法についてのトレーニングに対するボトムアップの高い需要により、ロールアウトが容易になりました。

    現在、組織全体の多くのプロセスがより高いレベルの自動化を達成しています。例えば、生産計画、レポーティング(管理、物流など)、カンバンボードや期限追跡などの様々なプロジェクト管理タスク、サプライチェーンのアラートなどです。データ統合とデータ整理は、現在ではほとんどがKNIMEのビジネスユーザーによって行われており、多くの場合、このステップだけで、約束されたデータインサイトやプロセスの自動化が実現されます。KNIMEは、データをPowerBI、Tableau、MicroStrategyなどの可視化ツールにエクスポートする前の中間的なデータ準備ステップに使用されることもあります。Continental はまた、長時間のワークフロー(または RAM や CPU を消費するワークフロー)にも Amazon Web Services を使用しています。

     

    より良い意思決定、より多くの洞察、大幅なリソース節約

    「ContinentalでKNIMEを導入して以来、私たちはあらゆる場所でより良い意思決定を行っています。また、これらの意思決定をより強力なデータに基づいて、より迅速に裏付けることができるようになりました。データからより多くの洞察を得ることができ、平凡なデータ処理や報告作業から人間の能力を解放しています」とArne Beckhaus氏は言います。そして、その結果は数値化可能です。例えば、以下のようなものです。

    • パイロットプロジェクトで80%以上の大幅な時間短縮
    • 月末管理業務のリードタイムを2日から30分に短縮
    • 工場全体の予算編成プロセスを10倍の精度で実行する能力
    • セルフサービスツールとして、研究開発、工場、品質ユーザーにシリアル番号のトレーサビリティを提供

    そして、組織全体でKNIMEを利用できる可能性はまだまだあります。KNIMEの高い採用率を示す一つの指標として、社内トレーニングの需要が高まっていることが挙げられます。小さな中央チームでこの大きなボトムアップの勢いに応えることができるのは素晴らしいことです。次のステップは、異なる部門のユーザーのために、よりユーザーに特化したトレーニングコンテンツを作成し、より制度化されたロールアウトを可能にし、チームや部門間での知識共有を実現し標準化することです。Continentalのデータトランスフォーメーションの旅から学びたいという外部関係者の高い関心により、KNIMEを使って外部クライアントにデータサービスを提供することが決定されました。Continental Engineering Serviceは、KNIMEの公式パートナーとなり、これらのサービスを提供できるようになりました。

     

    なぜKNIMEを選ぶのか?

    「KNIMEが選ばれたのは、主にそのビジネスユーザーへの使い勝手の良さだけでなく、スピード、データ量、幅広い機能性、最先端のデータ整理とデータサイエンス機能が評価されたからです」とArne Beckhaus氏は述べています。また、「ビジネスの観点から、オープンソースモデルは、データ分析能力を組織全体に迅速に普及させるための商業的に実現可能な唯一の選択肢でした」と述べています。頻繁に利用しないユーザーが長く続出するとライセンス料が高額になり、全社一律のライセンスでは初期投資のためにすべてが遅くなってしまいました。典型的な商用ビジネスモデルでは、このような迅速な普及はできませんでした。KNIME Serverは現在、Continental社の一部のプロジェクトでも使用されており、チームがKNIMEワークフローを共同利用し、同僚間で共有できるようになっています。

    KNIMEは長期的なメンテナンスが容易で、Continental社が構築・開発したカスタム拡張機能を使用して拡張することができます。例えば、Excelレポートのカスタムフォーマットを可能にする拡張機能や、契約情報を自動的に分析するためのテキスト位置情報を持つサードパーティ製のPDFドキュメントを解析する機能などがあります。ITの観点から、KNIMEは世界中のクライアントPCに簡単にインストールすることができます。Continentalは、カスタマイズされたインストールを事前にパッケージ化し、スタンドアロンのソフトウェアアプリケーションとして提供することができます。

    最後に、KNIMEをビジネス部門に展開することで、経営レベルでのアナリティクスと人工知能(AI)の認知度を高めることができました。効果的なデータ整理によって問題の答えを見つけることの利点と、KNIMEにデータサイエンスアルゴリズムを適用するためには質の良いデータが必要であることを理解してもらえました。その結果、組織全体のデータリテラシーの向上、より効率的で自動化されたプロセス、AIを盲目的に適用することなくデータから新たな洞察を得られるようになり、あらゆる場所でより良い意思決定ができるようになりました。

    Continental社が制作・所有するこのビデオでは、Arne Beckhaus氏がContinentalのデータ文化について、また、KNIMEを使用することでどのように品質、生産性、意思決定が改善されたかについて語っています。

     

     

    原文:https://www.knime.com/sparking-data-literacy-with-knime-and-making-better-decisions

     

    KNIME は無料でダウンロードが可能です。
    ぜひお試しください。

    セミナー
    お申込み
    お見積り                カタログ請求 お問い合わせ

    このサイトでは、クッキー (cookie)などの技術を使用して取得したアクセス情報等のユーザ情報を取得しております。
    この表示を閉じる場合、プライバシーポリシーに同意いただきますよう、お願いいたします。

    //$(window).scrollTop(0); $("html,body").animate({scrollTop:$('#k3form_embed').offset().top}); }); }); //$(window).scrollTop(0); $("html,body").animate({scrollTop:$('#k3form_embed').offset().top}); }); }); //$(window).scrollTop(0); $("html,body").animate({scrollTop:$('#k3form_embed').offset().top}); }); });