活用事例

様々な業界で活用されている事例を紹介いたします。

【プラン管理のより良い意思決定】競争が激しい観光業界で競争力を維持する

  • 2020.6.22
  •                        

    PDFをダウンロードする

    異なるデータソースのブレンド

    企業が市場で現在提供している製品の包括的な概要を把握し、顧客レビューに焦点を当てるためには、ビジネスデータ、公開されている顧客評価、ニュースデータ、ジャーナリストレポート、プレスリリースなど、さまざまなデータソースを統合してマージする必要があります。

    KNIMEと統合されたPythonスクリプトを使用して、さまざまな公開ソースからこれらのデータをクロールし、企業やその他の関連データでリッチ化することで、包括的なデータベースが作成され、ダッシュボード・ソリューション・ソフトウェアに供給することができます。

     

    ガイド付き分析アプリケーションのデプロイ

    KNIMEワークフローが構築され、これらすべてのソースをクロールします。データがクロールされ、REST APIインターフェースを使用して保存された後、JSONファイルからインポートされ、フィルタリング、マッピング、データエンコーディングを使用してKNIMEテーブル形式に変換されます。

    その後、事前に定義された辞書のセットが使用され、顧客の評価が特定の海運会社、正しい船、さらには宿泊したキャビンに正しくマッピングされていることを確認します。これらのデータから、高レベルのデータ集計を行い、コンパクトな評価次元のセットを作成することができます。

    このワークフローは、Azureクラウド環境にガイド付きの分析アプリケーションとして展開され、膨大な計算リソースを利用して、さまざまなリソースから統合されたデータの詳細な記述分析を展開することができ、製品の改善・劣化を企業の管理者にアラートや通知することが可能になります。

     

    結果

    このガイド付き分析アプリケーションを使用することで、企業はより多くの情報を得て、よりインテリジェントな方法で製品を管理することができます。

    • KNIMEによる包括的なデータ統合
    • 継続的なデータ統合のために自動化された、使いやすいシステム
    • 自社製品の改善・劣化のお知らせとアラート

     

    なぜ「KNIME」を選ぶのか?

    KNIMEは、異なるソースからのデータを1つのビジュアルワークベンチで簡単にブレンドするためのツールとリソースを提供します。利用可能なノードの豊富さと選択可能な手順の豊富さより、このようなソリューションを簡単に作成することができます。

    このケースでは、JPython Function、JSON to Table、String Manipulation、Chunk/List Loopsノードが多用されました。さらに、ワークフローをMicrosoft Azureのクラウド環境に展開することで、必要に応じて追加の計算リソースを提供しています。

     

    この活用事例は、KNIME社の信頼できるパートナー thaltegos社によって執筆されました。

     

    原文:https://www.knime.com/making-better-tourism-product-management-decisions

     

    KNIME は無料でダウンロードが可能です。
    ぜひお試しください。

    セミナー
    お申込み
    KNIME Server
    お見積り
    資料請求 お問い合わせ

    このサイトでは、クッキー (cookie)などの技術を使用して取得したアクセス情報等のユーザ情報を取得しております。
    この表示を閉じる場合、プライバシーポリシーに同意いただきますよう、お願いいたします。