活用事例

様々な業界で活用されている事例を紹介いたします。

【経費精算の自動化】従業員の経費の収集、分析、管理に費やす時間を削減する

  • 2020.6.22
  •                        

    KNIME Hubでワークフローを表示する

    毎月、交通費やイベント費用を収集し、集計し、分析して、売上の成功とコストを一致させています。以前は、経理マネージャーが全従業員からExcelファイルを収集し、グローバルExcelファイルにコピー&ペーストしていました。

    これらのExcelファイルのリポジトリを共有フォルダ(OneDrive)に移動したところ、KNIMEのデータブレンド機能を使用してサマリーを作成し、Table to PDFノードを使用して、非常にシンプルな経費レポートを作成できることがわかりました。

     

    「KNIME」活用例

    事前に定義されたExcelテンプレートにより、各従業員による会計ファイルの入力が簡素化されます。データサイエンティストのチームは、KNIME WebPortalで分析アプリケーションとしてデプロイできるKNIMEワークフローを作成します。

    会計マネージャーは開始フォルダを選択し、各従業員のExcelファイルと以前に実行されたワークフローから生成されたサマリーExcelファイルを含む異なるサブフォルダ(各月ごとに1つ)が含まれています。最新のサマリーExcelファイルが識別され、他のファイルから分割されます。個々のExcelファイルは、将来の再処理を避けるために名前を変更します。

    個々の会計ファイルをすべて連結した後、ワークフローは、分割されたサマリー・エクセル・ファイルに結果の表を追加し、名前に処理日を含む新しいサマリー・エクセル・ファイルを書き込みます。

    最後に、すべての経費精算のリストが記載された簡単なPDFレポートが人事管理者に送信されます。

     

    なぜ「KNIME」を選ぶのか?

    KNIME Analytics Platformを利用して、従業員の経費を収集・集計します。Excel Reader、Excel Writer、Table to PDF、Copy/Moveなどのノードにより、会計管理者の作業が容易になり、エラーが発生しにくくなります。

    KNIME Serverを介して展開されたワークフローは、KNIME WebPortalの分析アプリケーションとして利用できます。ユーザーが経費を入力するためのシンプルなインターフェースを提供し、実行されたワークフローは必要なレポートを自動的に生成します。

     

    この活用事例は、KNIME社の信頼できるパートナーであるS-IN Soluzioni Informatiche社によって作成されました。

     

    KNIME は無料でダウンロードが可能です。
    ぜひお試しください。

    セミナー
    お申込み
    お見積り                カタログ請求 お問い合わせ

    このサイトでは、クッキー (cookie)などの技術を使用して取得したアクセス情報等のユーザ情報を取得しております。
    この表示を閉じる場合、プライバシーポリシーに同意いただきますよう、お願いいたします。

    //$(window).scrollTop(0); $("html,body").animate({scrollTop:$('#k3form_embed').offset().top}); }); }); //$(window).scrollTop(0); $("html,body").animate({scrollTop:$('#k3form_embed').offset().top}); }); }); //$(window).scrollTop(0); $("html,body").animate({scrollTop:$('#k3form_embed').offset().top}); }); });